パソコンのWi-Fiが遅くなり解決した方法

ここ最近パソコンのWi-Fiの速度が落ちてきた。

たまに早くなる時もあったのだが、それもなくなりここ最近は1Mbpsあたりしか速度が出なくなったのだ。

動画もまともに見られない。

この記事ではパソコンのWi-Fiの速度が低下し、その解決した方法を書いています。

Wi-Fiのルーターが原因?

まず最初にWi-Fiルーターの設定を疑った。
ルーターはNECのAterm WF1200HP2を使っている。
このルーターは通信に2GHzと5Ghzを選んで通信できるのだが、切り替えても変わらなかった。
そもそも他のデバイスの通信速度は問題ないのだ。

パソコンのハードウェアが原因?

次に疑ったのがパソコン本体のWi-Fiのアンテナ。
パソコン本体の後ろに2本立っているのだが、
しばらくメンテナンスもしていなかったせいで、グラついていた。
グラついた根元のボルトを締め直しもう一度速度を図ってみた。

BNR スピードテスト
(スピードテストはいろいろありますが、昔からここをよく使っています。)
しかしまったく変化なし。

原因はドライバー?

振り返ってみると、以前、Windows 10の回復オプションからPCのリセットを行っていた。
ドライバーもアップデートしたつもりだったが、ひょっとしてと思い確認してみた。
今はパソコンの中にある更新が必要なドライバーをすべて表示してくれる便利なソフトがある。

そして調べてみると、ワイヤレスLanのドライバが古いものだったことがわかりました。

ドライバーマックス 検出結果
検索すると更新されてないドライバーが沢山出てきました。

DriverMAXで解決

ドライバーを更新すると、簡単にWi-Fiの速度がもとに戻りました。
ちなみに使ったソフトはこれ。
driver max ドライバーマックス
ドライバーマックス

2017年 窓の杜大賞 銅賞を受賞している製品なので安心に使えます。

無料で使え、ドライバー対応数も多いのも魅力。
ただし、無料だと1日にダウンロードできるドライバーに制限があります。

ドライバーの更新は大切

ワイヤレスLan以外にも、オーディオや、USB関係など更新されていないドライバーが沢山でてきました。OSの更新はこまめにしていますが、各デバイスのドライバーは見落としがち。今回のドライバーマックスは簡単に更新していないドライバーを見つけだしてくれます。
この機会に他のドライバーもアップデートします。

スポンサーリンク